大阪府高槻市でエアコンクリーニング

すっかり暖かくなってきましたね。ハウスクリーニングやまとの北埜です。

奈良県を中心に、大阪・京都でハウスクリーニング・エアコンクリーニングをしております。

本日は午前中に京都府城陽市でトイレクリーニング、午後から大阪府高槻市まで移動して

エアコンクリーニングのご依頼でした!

本日のエアコンは2013年製、富士通のAS-S40C2-Wです。

初めてクリーニングするエアコンで、約9年のご使用で年数なりの汚れといったイメージです。

熱交換器の汚れ
吹き出し口の様子
正面から見た写真

こちらはお掃除機能付きのエアコンなのですが、エアコンクリーニングを何百台とやってきて思うのは

お掃除機能付きのエアコンの方が汚れがひどいという事です。

検証したわけではありませんが、経験上ほぼ間違いない気がします。

理由としてはおそらくですが、内部の構造が複雑になるためホコリが溜まったりしやすいのもあり

また結露した水分が中々乾かないのかもしれません。

またそれ以外にも、使用頻度の高い設置場所にはお掃除機能付きをつける事が多いという

設置状況の理由もあると思います。

総合的にやはり汚れやすいのはリビングに設置されたエアコンですから、お掃除機能付きが多いのでしょうね。

さて分解も終わり、お掃除機能ロボットの裏側を見てびっくりです。

分解後のパーツたち
お掃除ロボットの裏側

本来、フィルターの埃を取ってくれるお掃除ロボットがこれでは残念ですよね;;

エアコンの内部にあるダストボックス(お掃除機能で取ったホコリのごみ箱)にいっぱいだとこうなりやすいかも?

それでは、養生をして洗浄開始です。

周囲の壁や家具に汚水や洗剤が飛び散らない様に、丁寧に養生をします。

当店では、毎回これと同じだけ養生をしています。

無事、洗浄も終わりブロワーとウェスを使って乾かします。

ここでしっかりと水分を取っておくと、エアコンクリーニング後の水分に発生するカビを抑えられます。

こうした細かい作業のひとつひとつが大事だと私は考えています。

クリーニング後の熱交換器
クリーニング後の吹き出し口

しっかりと綺麗にさせて頂きました!

今回は水を約20L使用致しました。汚れ具合にもよりますが、おおよそ1台に10~30Lほど使用致します。

今回は20Lという事で中程度の汚れ具合でした!

そしてパーツ類の洗浄です。

今回はフィルターの汚れがかなりついていたので、2枚でbefore&afterです!

フィルターのビフォーアフター
お掃除ロボットの掃除後

写真にはありませんが、全てのパーツをきっちり綺麗にさせて頂きました!

フィルターも掃除前と掃除後がはっきりとわかります。

また、お掃除ロボットの裏側は洗浄が出来ませんが拭き取り等で綺麗にさせて頂きました。

お掃除ロボットは可能なところまで分解もしております!

お掃除後①
お掃除後②

今回もご満足いただけたようで、帰り際にコーヒーも頂きました!

ありがとうございます!

またのご利用をお待ち申し上げております^^

最近のブログ

加盟団体

NPO法人日本ハウスクリーニング協会一般社団法人日本エアコンクリーニング協会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。